演劇の聖地TOGA
~世界的な舞台芸術の拠点~

富山県利賀芸術公園は、日本最大級の合掌造りの劇場、野外劇場など6つの劇場、稽古場、宿舎等を擁する世界に類をみない舞台芸術施設群です。雄大な自然の中、伝統文化が息づく創造環境を生かし、演劇を通じて、世界の人たちと交流し、多くの人材を輩出している国際化した“場”です。世界の演劇人から、“演劇の聖地”とも呼ばれています。

利賀村は1973年、5棟の合掌造りを百瀬川流域に集め、「利賀合掌文化村」と名付けました。
1976年に、演出家・鈴木忠志氏が率いる早稲田小劇場(現・劇団SCOT:Suzuki Company of Toga)がここに拠点を移し、合掌造りの民家を改造して「利賀山房」と名付け、演劇活動を始めました。全国各地から多くの観客が訪れただけでなく、日本人の知恵が残る山村での芸術活動として、各界から注目を集めるようになりました。

1982年には、ギリシア風の野外劇場(磯崎新設計)を新設、鈴木忠志氏はそれまでの国際的なネットワークを生かして、日本で初めての世界演劇祭「利賀フェスティバル」を開催しました。また、1983年には、鈴木氏が創出した俳優訓練法スズキ・トレーニング・メソッドを教える「利賀国際演劇夏季大学」をスタートさせました。
1994年には、合掌文化村は、富山県立の利賀芸術公園となり、さらにそれ以後、富山県、南砺市によって、劇場、稽古場、宿舎などが次々と整備され、現在、周辺の「利賀大山房」も合せると、6つの劇場、稽古場、200名以上が宿泊できる宿舎などを擁する、舞台芸術の一大拠点となっています。

【関連リンク】富山県利賀芸術公園
【関連リンク】劇団SCOT

利賀の食
~山の恵みを頂く~

旅の楽しみといえば「食」。
シアター・ヴィレッジを訪れたら、演劇と一緒に楽しみたい「利賀の食」の魅力をご紹介します。

利賀そば

利賀といえば、まず外せないのが「利賀そば」。
かつての利賀地域は、そばが主要作物であり、冬になると、出稼ぎ帰りの人や来客をもてなすために、各集落で「ごんべ」と呼ばれるそば会が行われていました。この風習から地域をあげての一大イベントと化したのが「南砺利賀そば祭り」です。
「利賀そば」は、利賀の山里で育まれたそば粉と山からの湧き水を原料に作られたそば粉100%の美味しい手打ちそば。混じりっけのない素朴な味は一回食べたら忘れられなくなります。

清流素麺

そばと並んでおすすめは、利賀の「清流素麺」。
昔ながらの製法で手毬型にして乾燥させることにより、極細麺なのにコシが強く、のどごしがとても良い素麺です。
お土産としても人気です。

【関連リンク】清流素麺

岩魚

シアター・ヴィレッジの目の前の百瀬川は、釣り客が遠方から訪れる渓流釣りのメッカ。
綺麗な清流で育まれた岩魚は、身も引き締まってとても美味です。
つかみどりした岩魚を、炭でじっくりと塩焼きにして味わうのは、夏ならではの最高の贅沢です。

ジビエ

野山を駆け巡る野生の獣肉「ジビエ」も、利賀の名物です。熊、猪、鹿などが狩猟されますが、自然の木の実だけを食べているため脂が綺麗な極上品で、臭いも少なく美味しく頂けます。
屋台村でも、ジビエ肉を使った料理が登場します。

【関連リンク】利賀山菜ジビエール

利賀どぶろく

どぶろく特区にも指定されている利賀で、有機農法で作られた自家製の酒米、湧き水で丁寧に仕込まれた、どぶろく。利賀特産のそばの花や岩魚から抽出された酵母で造られた、この土地ならではのお酒です。

【関連リンク】利賀のどぶろくの紹介

利賀周辺のみどころ

せっかく利賀に来たのであれば、
少し足を伸ばして楽しんでみたいオススメのスポットをご紹介します。

利賀瞑想の郷

今や富山のパワースポットとなっている「瞑想の郷」。富山県南砺市利賀村上畠集落のてっぺんにある神秘的な郷です。
旧利賀村は、ネパール王国・ツクチェ村と、そばを介してさまざまな交流を深め、その友好のシンボルとして、また、村おこしの一つとして、「癒し」をテーマとした「瞑想の郷」を建設しました。
ツクチェ村出身の絵師を招き、1年の制作期間を経て完成した4m四方もの巨大な曼荼羅をはじめ、ダイナミックな庭園「花曼荼羅」など、圧巻の空間が広がります。

曼荼羅の美しさに心惹かれ、自然に癒やされ、心身ともにリフレッシュする時間を過ごしてみませんか。

【関連リンク】瞑想の郷 

・開館時間 9:00~16:00
・入館料  中学生以上 600円、小学生 300円
・定 休 日 水曜日
・富山県南砺市利賀村上畠101 TEL0763-68-2324

金剛堂山

日本二百名山の一つ、金剛堂山(こんごうどうざん)は、シアター・ヴィレッジのさらに奥にある登山口から登山することができます。
標高1,638mの前金剛、標高1,650mの中金剛、標高1,616mの奥金剛の三峰から構成されており、頂上一帯はいずれも草原状のゆるやかな大地で、360度のすばらしい眺望を手に入れることができます。周辺一帯にはブナ林や日本海側特有の植生が形成されていることから白木水無県立自然公園に指定されています。
この山、修験道山としての歴史は古く、第10代富山藩主前田利保公もこの山に登ったと伝えられています。日々の喧噪を離れ、雄大な自然を満喫してみませんか。
※金剛堂山は中級レベルの山です。登山をする場合は、事前に必ず装備等をご用意ください。

【関連リンク】金剛堂山 YAMAP 
宿・連絡バス・朝食の
WEB予約はこちら!